SDGsの取り組み

当社はSDGsに取り組んでいます

2021年の取り組み

ゴール 2021年12月31日までの取組目標 活動内容
    

DXを取り入れ紙媒体の電子化を進める。
ガソリン車をハイブリット車へ変更する。
生産改善による稼働時間の短縮。
JIT・TPM改善活動目標10% 稼働時間:興津 -2h,辻 -1h
会議資料を電子データへ変更
生産データを取得して日報を廃止
在庫管理を電子化(データベース+バーコード)し現品票を廃止
  自社版働き方改革を行い、従業員満足度と経営力をあげる。 法令遵守するため全管理者が内容を理解する(教育する)
就業規則の見直し
能力の評価・認定の仕組みを作り多能工化する
RPAを取り入れ間接作業を半自動化する
  ポリウレア事業の売上・生産性向上とポリウレアを使った新商品の開発。 自社の技術を売上に繋げる
ポリウレアシートの新たな用途・市場へ拡大
ポリウレアを使った新商品の開発
  仕損を減らし、6Rを軸にエコ活動を進め廃棄物を削減する。 基板破損を0にする
リフューズ 支給部品の梱包材削減提案
リターン  通い箱、通い封筒の利用
リカバー  海岸清掃等への参加者を3倍に
  MaOI機構に参加して海に関する取組を展開。 水中ドローン事業化
海洋に使用出来るセンシングユニットの開発
廃プラ排出量を削減する
  経営革新計画に従い、ははのて事業の屋外展開と間伐材の有効利用促進。 屋外用ははのて「エンブラント」の商品化
紙の使用量を削減
敷地内の花壇、植木をきれいに。